日々是弦氣 〜面白マニアック ギター探求〜 部屋と「扇風機」と「デガウス」と私
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-07-02

部屋と「扇風機」と「デガウス」と私

先日の、「シールドの考察と比較 (総括編)」の最後に
ちょろっと触れた、高級シールド、

VAN DEN HUL

Van Den Hul Integration Hybrid

約3万円という価格ながら、一時は4万円オーバーだったことを考えると、
これは、お買い得か?しかし黙って買ってもblogで公表したものだから、
家人に絶対にばれる、怒られる、いや、しかし気になる・・・。
と、シールド購入欲が再燃し、3、4日程、悶々と考えておりました。

当blog的には、迷いに迷ったが、酒に酔った勢いでポチってしまい、
家に届くも家人の目に届かない場所に保管、しかし我慢できずに、
スタジオ練習時にしれっと使ってみるもあっけなくバレて、
あえなく没収・・・、あぁ、俺のシールドぉ・・・


といった愉快な展開が望ましいところでしょうが、
残念ながら、そのような面白愉快な展開もなく、実用的な

扇風機

これ。

扇風機に姿を変え、我が家にやってまいりました。

転勤族ゆえの借家住まいなのですが、北海道の賃貸物件は、
クーラー常設の物件は少数派でストーブ(灯油ファンヒーター)常設がデフォ。
冬の寒さが厳しいのは言わずもかな、夏は涼しいという理由で
そのような作りの物件が多いのでしょう。

賃貸物件のクーラーではなく、ストーブ常設の問いに
「ストーブがないと冬、死にますから。」
と、不動産会社の営業マンに真顔で言われた時には、
札幌転勤当初、これから先、どうしたものかとにわかに暗い気持ちになったのは、
今からもう3年前。時が経つのは早いものです。

クーラーはないものの、短い夏の期間だけ我慢すればいい、ということで、
当初は、5,000円程の小さい扇風機を購入し利用してましたが、
ここ数年は、6月初旬からクーラーを欲してしまうような
高温多湿の日が多くなる、涼しく快適な筈のここは北海道。

流石に5,000円の扇風機に限界を感じ、
色々悩んだ末、ハイテクな今風の扇風機を思い切って購入。


ただ風を送る扇風機と侮るなかれ、最近の扇風機は物凄いことになってます。
購入して間もないので本格的な夏にどのくらい活躍してくれるか今から楽しみですが、
風の質が従来の扇風機に比べ、自然風に近く、体感的には非常に涼しく感じられ、
長く風に当たっていても疲れにくいです。
また、温度センサーも搭載し、おやすみモードでは部屋の温度に合わせて、
風の量を調節、運転停止、再運転をするなど、至れり尽くせり。
タイマーが切れるたびに目を覚まし、再度電源を入れる手間がなくとても便利。

これなら、今後クーラーのある物件に引越をしても活躍してくれそうです。
冷風機の購入も考えましたが、当分、これでいけるかな?
扇風機も、日々是進化ですね。

その分、シールドの予算がほぼすっ飛んでいく価格でしたが。


皆さんはどのように涼をとっていますか?
殆どの方がクーラーだと思われますが、
こちらは今年の夏も扇風機で乗り切るぜ!のAkiです。
皆さん、如何お過ごしでしょうか?今日も地味に暑かった。

今年の暑さは平年並みとか。
去年もその前の年の夏も、うんざりする暑さでしたが、
はて平年並みとはいかに?


さて、予告をしていた居酒屋の話はタイムリーな扇風機の話に代わってしまったので、
この話題は次回にして、「デガウス」の話をしましょう。


「デガウス」=「消磁」
聞きなれない言葉ですが、なんでもオーディオの世界では、
近年注目され、その効果から電子弦楽器の世界にもやってきた、
最近の音質改善のムーブメント・流行です。

なんでも、エレキギターや、シールド、エフェクター、アンプといった
周辺機器は、使っていくうちに磁気を帯びてしまい、これが音質劣化に繋がり、
その磁気を消し去ることで、その楽器や周辺機器の本来の音を
取り戻す効果があるとのこと。

弦振動を電気に変えて、それをアンプまでシールドやエフェクターを経由して
流すわけですから、磁気がその電気信号に何かしらの影響を与えるというのは
なんとなく感じは掴めますが、言われるまでは、全く気にもしてませんでしたし、
また磁気が、自身のギターや機材にまとわりついているなんて、
想像すらしたことがなかったです。

しかし、今年初旬に、各楽器雑誌が電子楽器向け専用の、
デガウスができる専用機器、

DP-G1.jpg

Degaussing processor / DP-G1
メーカーHP

こちらの紹介と特集記事にて、その存在を知ることに。

ですので、おそらく目にした方は多いと思いますが、
内容が内容だけに半信半疑の方も多いはず。

しかし、私は元来、このようなギターそのものの音を根本的に良い方向に
変えていく、健康食品のような機材が非常に好きであり、
また、その機材の紹介、レヴューをしているのが、私の敬愛するギタリスト、
DAITA氏。そのDAITA氏が自身の機材でも使用し、なかなか良いとのことで、
特に深く考えることもなく、取扱店である島村楽器の札幌パルコ店にて
速攻で予約。

約3週間後に家人の冷ややかな視線をものともせず、GET!
後、事後報告という謝罪と、その効果の力説にてなんとか説得。

そこまでして入手したこの機材に関しては、
島村楽器 ギタセレ 特集記事
にて、詳しく説明してくれているので、是非、参照していただきたいのですが、
やはり気になるのはその効果。

ここで私のレビューとなるのですが、さて、参考になるでしょうか?

まず、間違いなく音は変化します。

島村楽器のギタセレでのレヴュー内容に記載している

>今回、ギターとベースを「Degaussing(デゴージング)=消磁」してみました。
>やってみて感じたのは、弦の分離感が良くなって、低音がスッキリするということ。
>例えて言うなら、チャーハンがパラパラに仕上がったような…
>お米とチャーシュー、卵がそれぞれに味がしっかり染み込んでいながら、
>脂っこくなく、中華の風味がしっかり感じられる。そういう感じです。

まさに、この文章が言い得て妙といいますか、
確かに出音がスッキリとします。
この感じは新品の弦に張り替えた、または、
長時間ギターを弾いていて、ちょっと出音が重くなったので、
弦に付着した汚れを拭き取った直後の、
音がフワッと軽くスッキリする感じに似ているかなと。

そして、これが一番のメリットだと思うのですが、
単刀直入に言うと、ギターが弾き易くなります。

今まで、10の力でピッキングして出ていた音が、
7〜8くらいの力ですっと出てくれるようになります。
従来のセッティングのまま、少ない力で同じ音が出せるので、
自然と力まない、リラックスしたプレイが可能となります。
また、音がスッキリ明瞭になるので、同じ音量でも
バンドアンサンブル内で自身の音のモニタリングが容易になります。
よって、今まで以上に自身のプレイに集中できるようになると。

また、ギター本体だけではなく、シールド、エフェクター、アンプ、
スピーカーキャビネットにも使用できるのですが、基本的には、
何れも、ギターで感じた効果の方向性で音が変わっていきます。
雑味や抵抗感がなくなり、音がスッと出る。これです。

因みに当方ブログで紹介、レヴューしたシールドは全てデガウスを
施した後、これまたデガウスをした機材とヘッドホンで、
ヒヤリングをした上での感想です。

様々な機材や楽器で試していますが、アクティブピックアップよりは、
パッシブピックアップのギター、ベースのほうが効果は高いかと。
また、雑味や抵抗感が無くなるので、低音成分の多いベースは
非常に効果が高いと思います。ベースアンプも然りです。
スタジオ練習で、当バンドのベーシストの機材で実験させて
もらったところ、メンバー全員が一聴してわかる程の変化でした。
アンサンブル内においては、さらにその違いと効果を発揮すると。

また、ディレイやリバーブといった空間系のエフェクターの
掛かり具合も非常に良くなります。
透明感とエフェクトレベルがちょっと上がる感じでしょうか。

少々お高い機材ではありますが、これ一台で、
様々な楽器や機材に使え、また、バンドをやられている方であれば、
他メンバーの楽器やアンプに施すことによって、
バンド全体のアンサンブルの音抜けとモニタリング性を向上させることが
できるのではないかと思います。

効果は1週間程とのことですが、ギターを弾く都度、
準備運動やストレッチをしている間の数分間で施すことができますので、
それほど手間でないことも魅力です。

これだけいい事を書いていると、さぞもの凄い音の変化、効果だろうと
思うかもしれませんが、正直、音の変化はほんの気持ち程度です。
しかし、このほんの気持ち程度というのが、弾き手ではなく、
聴き手にもしっかりとわかるレベルでの気持ち程度です。

楽器を演奏される方であれば、この意味と凄さを理解していただけると思います。
この手の機材は弾き手には違いが感じられるけど、聴き手には・・・というものが、
巷には多いですから。
プレイヤーのモチベーションが上がるという点では、それはそれで良いことなんですが。


ということで、これ以上書くと、くどくなりますので、
本日はここまで。

結局、今回も長文になってしまいました。


次回は約束の「居酒屋」の話をさらりとメインに。

音楽、楽器の話は、さて、何にしましょうかね。


では、また次回。
お楽しみに!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

シールドいっぱいあるでしょ〜(^・o・^)ノ"

この間、わたしの紫のシールド定位置になくて、
探したら、ごちゃごちゃいっぱいあったよっ
(●ↀωↀ●)✧きらん

Re: タイトルなし

私の紫のシールドって、
知らないうちに所有権が変わってますぞ。

ま、いいけどね。

ごちゃごちゃいっぱいあるのは、昔に買っていたものであって、
決して、最近買ったものではないので、ご安心を。



> シールドいっぱいあるでしょ〜(^・o・^)ノ"
>
> この間、わたしの紫のシールド定位置になくて、
> 探したら、ごちゃごちゃいっぱいあったよっ
> (●ↀωↀ●)✧きらん

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://imagesdream.blog.fc2.com/tb.php/14-7dd145c8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 日々是弦氣 〜面白マニアック ギター探求〜. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。