日々是弦氣 〜面白マニアック ギター探求〜 LIVE報告&反省会
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-10-21

LIVE報告&反省会

先日、17日の金曜日。

会社の後輩達と食事に行った話なのですが、
たまたま、その日はよく一緒に食事や飲みに行くメンバーが皆残業で遅く、
明日は土曜日で休みだし、ガッツリ焼肉でも食べるか!となったわけです。

以前のブログでも書きました、にんにくを大盛りでリリースしてくれる、
私と家人行きつけの、例の粋な店主のいる焼肉屋で。

当初は、私と家人と2人で食事のつもりが、会社の飲みメンバー2人追加で4名に。
普段は週末忙しくしているメンバーも予定がないということで、
更に2人増員の計6名で焼肉屋へ!

肉にがっつき、酒を浴びるように飲み、職場の話や、音楽の話で
おおいに盛り上がり、ふと気付いたら、あら、もう23時。

特に会社の話(愚痴)でエキサイトしたのがいけなかったのか、
勢いそのまま全員カラオケ屋へ!

普段であれば、もうそろそろ寝るかという時間帯に、
若人に混ざって、おじさん久々のカラオケ。

しかも、この時間からということは、メンバー全員、
地下鉄始発の朝6時までオールをするという意気込み。

普段は、外で酒を飲んでも終電までには必ず帰るという紳士協定を、
家人と結んでいる身故、この時間からフィーバーする(古い言い方だな)
ことはここ数年、ほとんどなかったのだが、
家人もいるし、酒に酔った勢いもあり、
よっしゃ!俺も行けるさ!やったるで!
と鼻息荒く、ビールを飲みながら、
最初の1時間は意気揚々としていたのも束の間、
AM2時辺りで、薄ら気持ち悪くなり、意識が朦朧としてくる。
AM3時辺りで歌うのに皆飽きはじめ、焼肉屋でエキサイトした
会社の話が復活するも、そのあたりから記憶がイマイチ。

見守っていた家人がのちに曰く。
もう、何喋っているか、ろれつが回らずわからなかったと。

AM4時あたりから完全に話の聞き手にまわり、
AM5時、完全に撃沈。
AM6時、終了、解散。最後の気力を振り絞り、参加メンバーに別れを告げ、
目を閉じながら、家人に手を引かれ、帰宅。
AM7時、就寝。

と、久々にハードな夜を過ごしました。

10年くらい前であれば、全く平気だったのですけどね。
帰宅前の朝6時に牛丼かラーメンを食べて帰ったくらいでしたから。
いやはや、歳を取ったものだなと、痛感しました。

さらに驚いたのが、昼過ぎに起き、アルコールを抜くために
シャワーを浴び、髪を乾かしている時に、
「あれ?こんなところに白髪あったかな?」
と、明らかに白髪が増えている、という悲しき事態が発生。

「もう、君はそんなことをする歳じゃぁないんだよ。
 次は白髪だけでは(きっと脱毛)すまないよ。危ないよ。」


と、自身の身体に言われたような気がし、
洗面台に一人真っ裸でうな垂れた、
そんな10月のとある昼下がり、皆様、如何お過ごしでしょうか?
あと1年で大台に乗るお年頃のAkiです。

気だけは若いつもりでも、こう体が正直だと。
今後、色々対策を考えなくてはいけませんね。
身体も若々しくいられる為のですよ。



さて、いつもの前置きが終わりましたので、
今回は、去る10月12日に実施しました、LIVEの報告でも。
イベント全体や対バンさんの情報は、家人のblogで紹介しておりますので、
そちらをご覧下さい。

まず、今回のLIVEは前回のLIVEと同じ過ちをくり返さないと
自ら課題を課しておりました。
その過ち及び対策ですが、

1、汗だくになる→本番前に水分取りすぎ注意。
2、ペダルの踏み間違え→底の厚いブーツを履かない。
3、最初の2曲で限界→ペース配分を考えて。
4、間違わない→練習通りにやれば、常に無心で!

その成果ですが。
1、18時50分スタートというなんとも中途半端な時間ではありましたが、
  昼食後、極力水分を取らず、食事も取らなかったので、成果アリ。
2、目立つような間違いはなかったので、これもOKでしょう!
3、ペース配分を考えていた訳ではないのですが、
  後述する「とあること」が気になり、そのおかげか、
  あまり精神的には疲労はしませんでした。
  (前回は、久々のLIVEだったので、緊張から精神的にやられた)
4、なんで本番は、普段絶対間違わないところを間違えるんだっ!
  まだまだ修行が足りん!。

全体的な反省としては、余裕を持って演奏することができませんでしたね。
自身の演奏だけに集中してしまい、「見せる/魅せる」という点では、
まだまだ課題が残ります。
こればかりは、回数をこなさないと駄目だろうと、他のバンドさんの
演奏を見て痛感しました。
やはり、場数をこなしているバンドさんは、演奏力もそうですが、
全体のパフォーマンスの雰囲気に安定感と安心感があるものです。


そして、終始気になっていた後述するといった件ですが、
リハーサルと本番で、ギターの音も中音(なかおと:ステージ内の音)が全く違うと。

リハーサルでは、まずギターアンプがヘタっていたせいか、
アンプからのギターの出音がイマイチ。低音が出ない。全体的に軽い音。

実際観客が聞く音は、そのアンプからマイキングし、PAさんが加工した
音なので、うまく調整してくれるだろうということで、あまり深追いはせず、
(実際問題、中音と外音(そとおと)では音が全然違うのですよ)
事実、リハーサルの時点では、他のパートの音もしっかり聞き取れ、
なかなか良い感じではあったので安心はしていました。

しかし、いざ本番。
ギターの音はさらにペケペケになり、
(自身の機材のセッティングは全く変えてないし、アンプの設定もリハと同じなのに)
更に他のパートの音はなかなかモニタリングできない。

「PAさん、他のバンドの設定でやっていませんか?」と思うくらいの違和感。
結局最後まで、何かがおかしいと思いながら演奏してました。
そのせいか、どうも、演奏に集中できなくて、変なミス連発。
他のメンバーもそう思ったらしく、とにかく気持ちよく演奏できませんでした。

ライブハウスで撮影してもらった映像を見ても、やはり音がおかしい。
全体的にコモリ気味。
これ、中音の音量が大きいバンドさん向けのセッティングじゃないかと。
ちなみに、当バンドは、中音は控えめなほうなので。

あと、ギターアンプ。
他の演者さんが、リハーサルの時点でかなりの大音量で音を出していたので、
それで、本番時には真空管が熱を持ち、音が更にヘタってしまったのかもしれません。
(因みにマーシャルのJCM-900)
7バンドと演者も多く、リハーサルから本番まで長丁場でしたから。

自身の演奏後に、このアンプを利用していたギタリストが、
演奏中や、MCの時に設定をいじっていたので、
リハと音が違うじゃないかと、思ったのは私だけではなかったかも。

アンプに関しては、ライブハウス出演時、
平均2回に1回はこのようなことがあるので、
(ライブハウス側の問題ではなく、こればかりは仕方がない面もある)
次回からはライブハウスのアンプに頼らず、
かといって自身のマイアンプを持っていくのも大変なので、
完全に「ライン」でギターの音を出そうかなと検討中です。
無料通話のアレじゃぁないですよ。

ギターの音を、
ギター → アンプ → マイク → PA → 外部スピーカー という流れを
ギター → アンプシミュレーター(機材) → PA → 外部スピーカー
という流れにすることです。

この、アンプシミュレーターというアンプとマイキングをシミュレートする
機材があるのですが、そのあたりの話はいずれお話したいと思ってます。
年内は恐らくLIVEもやらないでしょうし、音源作成のレコーディングを
予定しておりますので、もしかして、その時に紹介できるかもしれません。


さてさて、文章だけでも何なので、LIVEの様子を写真でちょろっと紹介します。
今回も撮影してくれたEさん、いつも写真提供ありがとう!

更なる写真や動画は、バンドのHPで紹介する予定ですが、
(やパフォーマンス)がイマイチなんで、動画は載せないかもしれません(苦笑)。

PA121896.jpg

今回は汗対策として、「本番前までに極力水分を取らない」に加え、
衣装は、熱を溜めない、風通しのよい白のシャツにしました。
アンプの上には汗ふき用のタオルもきちんと常備。
(その考え方事体が、残念ながら、もう若々しくない)

PA121889.jpg

今回のLIVE、何故か自分のシールドを頻繁に踏んでしまいました。
そんなにアクティブに動かなかったのに。

そんなこともあってか、外音を確認したり、演奏に集中する為に、
ワイヤレスシステムが欲しいと、ふと思ってしまったものです。
今回の対バンさんでも使用している人が何名かおりましたので尚更。

そんなに頻繁にLIVEをやるわけでもないのですが、
最近のは性能も上がり、安価になりましたからね。
一昔前は10万円超が当たり前の、
アマチュアにはなかなか手がでない高級機材でしたから。

うーん、でもやっぱりいらないか。

PA121921.jpg

今回は、ポジションマークが光らないタイプのギターを使用しました。
(というか、それが一般的)
勿論、7弦です。

私が持つと、一般的なギターの大きさに見えますが、
スケールが26.25インチ(666mm)と、
フェンダースケールの25.5インチ(648mm)と比べ若干長くなっており、
楽器全体の長さとしては、ミディアムスケールのベースくらいの大きさです。
(ポジションマークが光る白いギターも同様のスケール)

スケール延長は7弦の低音をしっかり出すための対策ですが、
ギター全体の音程感(ピッチ)もよくなるので、
深く歪ませた音でも、音が埋もれにくく、聞き取りやすい音を出してくれます。

チューニングはレギュラーで、7弦はLowBです。
弦のゲージは10-56ですので、若干、テンションは高めですが、
(感覚的にはレスポールに11-48あたりのゲージを張った感じ)。
もう、慣れてしまいました。
逆にテンションが緩いと、弾けない身体になってます。

PA121926.jpg

個人的には、今回撮影していただいた写真の中で、ベスト3に入る好きな写真。
単純に機材オタクだからということもありますが、
マニアックな写真故、食いつく人はとことん食いつく写真だと思います。

ボディはライトアッシュ1P(若干重め)で、セットネック。
メイプルオンエボニーのネックにピックアップはディマジオ。

自身のギターの話をしたのは初めてかもしれませんね。


今回のイベントは、演者の平均年齢も意外と高く、
しかし、若い方も含め、レベルが高いバンドばかりだったので、色々と刺激を受けました。

主催のTSPさんは圧巻でした。

昔憧れていた、XのTAIJIが最後に携わり、かつ、現在もその意思を継いでいるバンドと、
同じステージで演奏できるというのは勿論、昔から音楽雑誌でよく目にしていた、
ギターのShuさんともお会いでき、非常に有意義な一日でした。
(楽屋で一緒に写真を撮らせていただきました)

次は音源作成ですが、次回のLIVEには、今回受けた刺激、経験を
何かしら活かしたいところです。

LIVEができたら、の話ではありますが。


ということで、本日はここまで。

次回は、伸び伸びになっているサスティーンブロックの交換作業のお話でも。
お楽しみに!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://imagesdream.blog.fc2.com/tb.php/21-1dde3f64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 日々是弦氣 〜面白マニアック ギター探求〜. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。