日々是弦氣 〜面白マニアック ギター探求〜 マシた分だけ、新たな世界が見えるのさ、二郎も機材も。
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014-12-25

マシた分だけ、新たな世界が見えるのさ、二郎も機材も。

メリークリスマス!



はい、冒頭から、心にもないことを呟きましたよ。

自身にサンタさんが来なくなって以来、年々興味を示さなくなり、
近年はクリスマスだからと、浮かれることもなく、
そういった類のイベントにも縁遠くなった身ではありますが、
先日22日、会社の後輩達と、
「第一回 ラーメン二郎を食らう会」という、
ふわふわした甘っちょろいクリスマスムードを払拭する、
漢気溢れるソリッドな催しを開催しました。

開催理由は、食べることが大好きな(大食漢でもある)、
こちらのblogでも登場した、会社の後輩Aちゃん(女性)と
ラーメンの話をしていたところ、
興味はあるが、女性一人で行くのには気が引けるので、
ラーメン二郎を食べたことがないとのことから。

ニンニクを多量摂取するので、開催日は休日前という条件下、
翌日が天皇誕生日というありがたい祝日の前の日の22日に決定。

早々に仕事を切り上げ、いつもの会社の飲みメンバー6人で、
いざラーメン二郎札幌店へ。

道中、初体験の後輩AちゃんとT君に、
「ニンニク入れますか?」の店員のコールに対する、
例のマシマシ呪文のレスポンス方法をレクチャーし、
(初心者は、デフォルトのお願いしますだけでOKと指導)
会社から徒歩10分程で店舗へ到着。

二郎

並ぶこともなく、すんなり着席することができ、
全員「ラーメン小」をデフォルト仕様でオーダー。

私も久々に食べましたが、もう、これは美味い不味いではなく、
受け入れるか受け入れないかといったレベルの食べ物ですね。
勿論、私は受け入れる側の人間ではありますが、
忘れたころにたまに食べるのくらいのお付き合いがよろしいかと。
理由は単純。

目に見えて太るから。

さてさて、初体験の2人。きちんと完食するも、感想は

「量が多い、しょっぱい、油っぽい、途中で飽きる、豚は美味かった」

と、まぁ二郎初体験の人間が皆思うことを、トレースするが如く
言ってくれたものですから、そうかそうかと耳を傾けながら、心の中では
数日後、「無性に食べたくなる」といった禁断症状が出るかでないかで、
君の二郎ライフが決まるんだよ。きっと、Aちゃんは出るんだろうな。

と思うも言葉に出さず、1次会終了。

その後、2件目のBarでニンニク臭を周囲にまきちらしながら、
2時間程飲み、催し終了。
次回は、普通に美味しいもの食べに行こうねということで散会。

たまにはこういう馬鹿げたイベントも楽しいものです。
30代前半くらいまでは、ラーメン小豚野菜マシまではいけたのですが、
最近は、デフォルト(麺固め)が精一杯のAkiです。

聖夜の夜、皆様いかがお過ごしでしょうか?
私は出張先のホテルでこのブログ書いてますよ。

先ほどまで、浮かれたカップルを横目に、カレーを食べてました。

カレークリスマス


さて、いつものように前置きが長くなりましたので、
本日は、前回のベースのレコーディングの紹介の流れから
私のギターの録音方法をお伝えしたいと思います。

予告していたイナーシャブロックの話、長編になりそうなので、
もうちょっと待って下さいね。


まずは、こちらを。

rack1.jpg

上から
MESA BOOGIE / Mark5 HEAD
FURMAN / POWER CONDITIONER
TWO NOTES / Torpedo Live
FRACTAL AUDIO / Axe-Fx ULTRA
CAA / 3+SE
MESA BOOGIE / TriAxis2 Preamp


肝は上から3番目のTorpedo Live

rack2.jpg

キャビネット、パワーアンプ、マイキングのシュミレーターという
非常にマニアックかつニッチな機器ではありますが、
この機器のおかげで、様々なアンプやアンプシュミレーターを
ラインでも、スタジオで鳴らしているかのような空気感のあるサウンドに
することができます。

おかげで、家に籠って、じっくりレコーディングすることが可能となり、
スタジオに重い機材を持っていくことから解放されました。

デモ音源作成時は、アンプ・エフェクターマルチシュミレーターの
Axe-Fx ULTRA→Torpedo Live→Protoolsという簡単な流れにし、
ちょっと本気を出す、今回のようなレコーディングでは
Mark5 HEAD→Torpedo Live→Protools
という流れにしますが、これだけですと、ホワイトノイズを拾うので
Mark5 HEADのEFFECT LOOPに

noise.jpg

iSP / DECIMATOR Noise Reduction
を通し、ホワイトノイズを除去します。
アンプINPUT前段で通すより、EFFECT LOOPに通すほうが、
更に自然にホワイトノイズのみを除去してくれます。
これは本当に優秀なノイズリダクションです。

また、レンジの広い、少々とっちらかる7弦ギター&歪みサウンドを
聞きやすいレンジに纏め、かつ、クッと奥行のあるサウンドにするため、

effect.jpg

ANALOGMAN / PRINCE OF TONE (左側)
を通し、歪みを増やすのではなく、音質を調整する程度、感覚で
うっすらとかけてます。
基本の歪みサウンドでは掛けっぱなしで使用してます。

右側のLandgraff / dynamic overdrive
もうちょい歪みと粘る感じが欲しいギターソロのときに使用。


以前、ギターケーブルについては散々お話しましたが、
スピーカーケーブルについてはまだお話してませんでしたね。

Colossal.jpg

最近はこのColossal スピーカーケーブルを利用します。
Mark5 HEAD→Torpedo Liveを接続する時に利用するケーブルです。
こちらのケーブルは、非常に力強くかつ太い音が出てくれるので、
歪みサウンドにビタッとはまりますが、すっきりしたトーンが欲しい時は、
Analysis plus社CLEAR OVALという
スピーカーケーブルを利用することもあります。

空間系のエフェクトは、殆どprotoolsのプラグインで済ませます。
デモ音源でざっと録音する時はAxe-Fx ULTRAに内蔵しているエフェクト
を利用することもあります。

今回、CDに収録する音源は3曲なんですが、そのうち、
1曲はMESA BOOGIE / Mark5 HEADを使用しましたが、
他2曲はFRACTAL AUDIO / Axe-Fx ULTRAにしました。

私の音作りのスキルがまだまだ甘い故だとは思うのですが、
確かに、Mark5 HEADの音は生々しく、迫力もあるのですが、
曲によっては、トゥーマッチな感じが否めない時もあるので、
その際は、Axe-Fx ULTRAの収まりのよい纏まった
シュミレーションの音を選択します。
デモ音源作成で聞きなれた音というのもありますが、
Axe-Fx ULTRAの音も非常に優秀ですので。

CAA / 3+SEやTriAxis2は、今回は利用しませんでした。
パワーアンプのVHT2502を通して、スタジオで大音量で弾くと
これ以上ないという極上のサウンドを出してくれるのですが、
どうも、ラインだと良い音が未だ作れずにいます。
もうちょっと試行錯誤してみないとですね。


ということで・・・・
解らない人、興味の無い人には呪文が続く本日のお話でしたが、
こういう機材を使って、ギターの録音をしているよという感じだけでも、
お伝えできればと。

いくら良い機材があっても、最終的には自身の「センス」と「腕」
が一番大事なことにかわりはないのですが、
やればやるほど、それが未熟だという悲しい現実にぶち当たり、
また、こういう機材に頼ってしまうという抜けに抜けられない、
機材頼りの負のスパイラルに陥ってしまうわけですが、
最近、またちょっと悪い病気が再燃しております。

今回のレコーディングでギターサーキットの見直しを考えるようになり、
また、ちょこちょことマニアックなパーツを取り寄せているところです。
年明けにでも実践しようと思っておりますが、
その内容、結果も、近日中にアップしたいと思います。


さて、今年も残り僅か。
年内にもう一回はブログをアップしたいところです。

ということで、本日は以上!
次回をお楽しみに。

関連記事
スポンサーサイト

コメント

音源できたら聴かせてねー!

Mark5良さげ〜。
ミニサイズのほうも魅力〜。

MesaとかSoldanoは、イコライジングが絶妙で、ヘビーでも低音がすっきりしてていいですよね〜。

凄い機材ですね~!

記事を読んで思いましたけど、確かに自分の未熟さを機材で補おうとしている自分に言われてる様でした・・・v-406

頑張ろ・・・


Re: 音源できたら聴かせてねー!

dragon21stさん

毎度です。

着々とコンパクトエフェクターも増えているようで(笑)。
羨ましい限りです。

CAA、112SP Cabのレビューも楽しみ待っていますよ。

Mesa Boogieは確かに広がらない、締まった低音が魅力ですね。
Bognerも好きなんですけど、私はやっぱりMesa派ですかね~。


> Mark5良さげ〜。
> ミニサイズのほうも魅力〜。
>
> MesaとかSoldanoは、イコライジングが絶妙で、ヘビーでも低音がすっきりしてていいですよね〜。

いやいや・・・

パパさん

コメントありがとうございます。

何を仰いますか。
パパさんの所有しているMesaアンプコレクションのほうが、
凄まじいですよ!
ギターも勿論、凄いですが。


実は、クリスマスイブにこの記事を書いていたのは、
出張先の帯広の某ビジネスホテルで、
食べたカレーは、勿論、イン○○アンです(笑)。

是非一度、ギターや機材のコレクションもそうですが、
パパさんにお目にかかりたいですね。



> 凄い機材ですね~!
>
> 記事を読んで思いましたけど、確かに自分の未熟さを機材で補おうとしている自分に言われてる様でした・・・v-406
>
> 頑張ろ・・・

えっ?
帯広に来てたんですか?
イ〇ディア〇のカレー食いましたか~!

まぁ、同じ道内ですからその気になれば・・・

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://imagesdream.blog.fc2.com/tb.php/23-cd2dc5f2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 日々是弦氣 〜面白マニアック ギター探求〜. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。