日々是弦氣 〜面白マニアック ギター探求〜 まずは、できることからやっていこう!
--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015-01-27

まずは、できることからやっていこう!

新年一発目でございます。

気が付けば、もう27日。
先日新年を迎えたと思ったら、もう1ヶ月が終わるという。
光陰矢の如し。時が過ぎるのは早いものです。

皆さん、如何お過ごしでしょうか?Akiでございます。
遅くなりましたが、本年もよろしくお願いいたします。


新年を迎えたというのに、なかなかblogの更新が無かったのは、
こちらのblogを定期的にご覧になっている方々の大多数は、
「野郎、新年会だなんだかんだと、毎日飲み歩いてやがるな。」
と、思われているでしょうが、決してそんなことはありません。

本当に忙しいというか、慌ただしかったのですよ。
本当にね。

バンドのレコーディング作業、特にボーカルのハモリのメロディを
どうするかの思案で悩みに悩みまくり、正月休みの半分は、
殆どこの作業で終了。鍵盤の前で唸り、呻いておりました。

残り半分は、なかなか腰を据えて弄ることができない、
ギターの機材のセッティングや組み合わせ等を色々試すという
一見楽しそうに見えるも、拘れば拘るほど、悪戯に時間だけが過ぎ、
泥沼にハマる実験作業で、どっぷりとハマり悪戦苦闘。

仕事が始まれば、年始挨拶廻りということで、連日の出張が続き、
週末は、ぶつけられ、傷がついてしまった愛車の修理応対。

降雪が多い日(ほぼ吹雪)が続き、週末にこんもりと積もった
車の雪下ろしをするまで、気付かなかったのですが、
あれ?このへばりついたフェンダーの雪、取れないな・・・
って、これぶつけられているじゃないかっ!と、
一瞬慌てるも冷静に隣の車を見たら、リヤフェンダーに、
どう見ても、我が愛車の塗装が付いている傷が。

「犯人はお前かい。」と一瞬怒り心頭となるも、
いきなり怒鳴り込むのも如何なものかと思い、まずは冷静に警察に連絡。
相手は20代半ばの女性。警官に現場検証および間に立ってもらい、
事故内容を認めていただき、あとは、相手の保険会社とディーラーとの連絡。

これが、面倒くさいのなんのって。

基本、週末にしか動けませんから、1週間後にまずディーラーに赴き、
修理箇所の状態把握と見積り。
さらにその1週間後に修理の為に車を預ける為に、再度ディーラーへ。
代車のレンタカーを借りるのですが、その時期や期間等、
保険会社へ連絡と、なんで、俺があくせく動いているんだと。

今週末に修理が完了した車を取りに再々度ディーラーへ行くのですが、
はて?なんで被害を被った俺がこんなに時間を割いているの?
しかもレンタカー、満タン返しでお願いしますときたもんだ。
なんか、解せないんですけど。


新年早々から、色々トラブルが起きたのですが、
今年、昭和50年生まれの私は、前厄。

本来年明けと同時に厄払いをするのが一般的ではありますが、
11月末日に親族の不幸があったので、49日が過ぎたタイミングで
つい先日ようやく厄払いを実施。
車のトラブルは、決して厄払いが遅かったからではないとは思いますが、
というか、思いたい。


さらに並行して、おそらく自身の人生において、
一番高いであろう買い物をすることになりそうです、
というかするのですが、
その為の行動が、慌ただしく、大変でした。
特に精神的に疲れましたが、思い立ったが吉日、
短期間で一気呵成に決めました。

話が長くなるので、詳細はまた後日にでもしますが。

まぁ、100円のピックを数枚買う目的で入った楽器店で、
1時間後には50万円のオーダーメードのベースギターの注文書に
拇印をエイヤっ!押すような男ですから、決めるときは早いのですよ。
10年くらい前の話ですけどね。

という盛りだくさんな内容の1月でございました。


さて、前置きが長いのはいつものこと。
その筋の方はお待たせいたしました。
ちとマニアックな話の時間でございます。
面白いネタを仕入れてきましたぜ。


前述した、ギターの機材を弄り泥沼にハマっていた話になるのですが、

rack2.jpg

先日紹介したギター機材を直列接続から、
マルチエフェクター部にLOOPで接続したらどうなるだろう、
と試してみたところ、これがなかなかの大正解となってしまい、
(あまりにもマニアックな内容の為、これも詳細は次回以降)
では、しっかりとしたパッチケーブルで繋ごうということで、
以前のケーブルのお話で取り上げた、George L'sを最短の長さで
新たに拵えようと思い、楽器店にてプラグ、ケーブルを
購入したのですが、ふと思い出すように考えたのですよ。

ケーブルの色で音が変わるって、あれ、本当かねと。

以前のblogでは、短いパッチケーブルでは、ケーブルの色の違いによる
音質の差はわからないと発言しましたが、
では、1メーターくらいではどうだろうと、同条件で3色揃えてみました。

エルス1

黒、赤、青、各々1メートルで準備。
ケーブルの材質は全く一緒。色だけが違うということですが、
一般的に

黒:基準となるフラットなトーン
赤:ややミッドが持ち上がったトーン
青:ややローが持ち上がったトーン


と言われているようです。


ではプラグをつけて、実験。

エルス2

ギター→「George L's」→アンプシュミレーター→ミキサー→ヘッドホン
という環境で、自身がよく使う、歪みサウンドでの弾き比べを実施。

実験前は、僅かな差くらいかと思っていましたが、結果は
「あら、結構違うのね、ちょっと驚き。」という内容。

どのように違うかというと、これが一般的に言われている内容とほぼ同じ。
ただ、持ち上がるというよりも、巻弦をピッキングした際のゲリョンという
バイト感が強くなるという印象。

歪みサウンドだから尚更そう感じたのかもしれませんが、
例えば、青色:ややローが持ち上がったトーン ということですが、
私的には歪みサウンドでは5・6・(7弦)をピッキングした時の
バイト感が高いと。赤色だったら、3・4弦あたりがという感じ。
ギャリンというハイ成分が多い感じの音なので、音が太くなるというよりも、
高域成分も出るので、音が前に出るというか、目立つようになると。
なので、青色は、中、高音域が引っ込んだように聞こえ私的にはNG。
ベースには合うかもしれないかなという感じ。
赤は、シングルコイル系のギターに合うかも。
自身のハムバッカーのギターだと高音、低音が物足りなくてNGです。

で、やっぱり、オールマイティーというか、フラットなのは黒。
不思議と、赤や青で感じたバイト感成分が少なく、
全体的にスッキリかつ芯がしっかりした太い音。
パッチケーブルには勿論、ハムバッカーのギターに相性がいいのは黒かと、
個人的には感じましたね。

ということで、黒色のケーブルでパッチケーブルを作りましたとさ。


さて最後、というか予告。
以前のblogにて

今回のレコーディングでギターサーキットの見直しを考えるようになり、
また、ちょこちょことマニアックなパーツを取り寄せているところです。
年明けにでも実践しようと思っておりますが、
その内容、結果も、近日中にアップしたいと思います。


という発言をしましたが、
こんなものを取り寄せてみました。

アレッサンドロ

Alessandro ハイエンドポット

札幌の楽器屋ではお目にかかることはなく、
私も以前からは気にはなっていたものの、
少々常軌を逸した価格から、見て見ぬふりをしておりましたが、
なかなか評判もよろしいらしく、何よりblogのネタになるかと思い、
つい勢いでポチッと。

まだ取り付けておりませんが、内部配線方法、配線材の見直しも併せて、
インストールする予定です。
はてさて、その効果のほどは如何に。


ということで本日はここまで。

次回は、予告で話したギターの話か、レコーディングの話か、
はたまた、伸び伸びになっているサスティンブロックの話か?
もしかして、そのどれでもない可能性も含みつつ・・・

では、次回をお楽しみに!

関連記事
スポンサーサイト

コメント

年明け早々、お疲れ様です

まぁ、犯人が判明しただけ良かった…という事で

でも、隣人に当て逃げとは、常識疑うなぁ
( ̄~ ̄)

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://imagesdream.blog.fc2.com/tb.php/25-d56e0977
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Copyright (C) 日々是弦氣 〜面白マニアック ギター探求〜. All rights reserved. Template by Underground
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。